ホーム>スタッフブログ>2015年8月

2015年8月

鈑金塗装工場

近藤鈑金看板.jpg今回は岡山市北区北長瀬にある自動車板金塗装工場をご紹介します。社長は40代中頃と正に働き盛りであり。また、その板金技術は各所から高い評価をうけていらっしゃいます。

 近藤社長jpg 近藤社長のお話しですと、板金業界も他の業界と変わらず、将来はあまいものではないようです。人口の減少はすすみ若い世代の車離れも顕著、従来塗装は外注であったカーディーラーが各種サービスを自社内で提供する動きも進んでいる状態で、安穏とできる環境ではないとのこと。

また、理美容師業界と同じく若い世代が育ちにくい業界であり、何とか働けるようになるまでに約5年、安心して任せられるまでには更に5年かかるといわれているそうで、育ちにくいことも含め後継者問題も深刻な悩みのようです。

そこで社長は社長自身1級塗装技能士でありますが、実は、岡山県で3人いる1級塗装技能士を指導することができる方のひとりであり、将来は技術を誰かに伝えて行きたいとのお考えから,職業訓練校で後進を育成することにも取り組みたいとのお考えとのことです。

社長は、省エネにもご興味をお持ちで、工場の照明には蛍光灯と水銀灯が配置されています。水銀灯は点灯時間が短いので、点灯時間の長い蛍光灯12台をLED照明に交換されました。月額約1万円の節電になったそうです。

2015821181214.jpg

ページ上部へ